top of page
検索

《アップデート》オーストラリア 卒業生ビザ変更点






先日の卒業生ビザ制度(Temporary Graduate visa programs)の変更案に、調整がされました。以下変更点です。

これらの変更は、2024年7月1日から適用される予定です。



Re-alignment of the Temporary Graduate visa streams


Graduate Work stream

(Certificate, Diplomaなど指定の専門コースを修了することで申請ができる卒業生ビザ)


  • 名称が「Graduate Work stream」から「Post-Vocational Education Work stream」へ変更

  • 申請者の年齢制限が50歳から35歳へ引き下げ

  • 学生号以上の学位を保持する学生は申請不可の文言削除、オーストラリア以外の資格は考慮しないと明記



Post-Study Work stream

(大学・大学院にてBachelor、Masterコースを修了することで申請できる卒業生ビザ)


  • 名称が「Post-Study Work stream」から「Post-Higher Education Work stream」へ変更

  • 申請者の年齢制限が50歳から35歳へ引き下げ




既に日本で大学を卒業された方も、年齢が35歳以下であれば申請できるとなりました。


今後も変更がされる可能性はゼロではありませんが、現時点でのアップデート情報でした。





閲覧数:13回0件のコメント

Comments


bottom of page